メガスタ@家庭教師

家庭教師というとマンツーマンで勉強を教えてくれるイメージですが、現在は離れた場所からオンラインで教えてくれるスタイルが台頭してきているようです。どのような企業が取り組んでいるのでしょうか。

メガスタのシステムが勉強を嫌いな小学生を救う?

これまでは中学校からの教科であった英語ですら今では小学校の正式教科になるなど、小学生が勉強する量も内容もますます高度になっているようです。
結果、ついていける子供と従来よりも大きく遅れがちになる子供との二極化が進んでいる印象でしょう。
日本の教育における地域格差と収入格差を無くす事を起業理念としているバンザンは、中高生だけでなく小学生にもはじめから力を入れており、リモート学習を慌てて導入し始めている他社とは一線を画しているようです。

小学生に必要な講師の条件
オンライン講師には高学歴に裏打ちされた学力が求められるのは全学年共通で前提だそうです。
しかしバンザンでは、まだ自分で全てを決める力の弱い小学生のための講師には、まず気持ちに寄り添い、勉強が苦手な子の気持ちも分かり、やる気を引き出す事ができるような人間性も採用の条件にしているそうです。
小学生は気持ちにとても敏感です。この大人は信用できないとなったら再び心を開かせる事は難しい事を知っての方針のようです。
そんな小学生に相性がピッタリの高学歴で子供の気持ちの分かる家庭教師が身近に簡単に見つかるでしょうか?
バンザンには学力も人間性も厳選された講師が20,000人在籍しているので、オンラインの特性として離れていてもピッタリの講師を見つける事が可能のようです。

勉強の嫌いな小学生
小学生のうちから勉強が苦手になる子供は、どのような理由からそうなってしまうのでしょうか?
既に小学生へのオンライン授業の実績を持つバンザンは、この点もしっかり考えていると見受けられます。
子供が勉強を嫌いになる最も多い理由は、「勉強が分からないからテストの結果がよくない、だから自信も失うし嫌いになってますますやらない」といわれています。
この点が小学生に特有で、まだ自分なりの勉強のやり方を身につけていなくても致し方ない時期のようです。
バンザンの講師陣はこの原因を重要視しているため、分からない単元を教えるというより、子供に合った勉強のやり方を親身に教える事で本質的な改善を図るそうです。
密な人間関係を構築する一対一のオンライン家庭教師というスタイルだからこそ可能であり、結果を出した子供達は自信をつけ、勉強に前向きになっていく正のスパイラルを作れるのでしょう。

勉強の得意な子供をさらに伸ばす指導も
勉強の苦手な子供がどこにつまずいているかを探して克服させてあげる目的に加え、バンザンでは既に勉強が得意であるからこそ、より高い向上心や目標を持つ子供達の希望にも寄り添っているようです。
中学校の勉強を先取りする事で初めから苦手を作らせない事や、個別に合わせた難関私立中学の受験対策など、勉強ができる子をさらに伸ばす指導は、そもそも一流講師陣を抱えるバンザンの得意とする所ではないでしょうか。

カテゴリー 未分類