メガスタ@家庭教師

家庭教師というとマンツーマンで勉強を教えてくれるイメージですが、現在は離れた場所からオンラインで教えてくれるスタイルが台頭してきているようです。どのような企業が取り組んでいるのでしょうか。

海外在住のお子さんが日本の大学を受験したいなら

日本教育の地域格差や収入格差をなくしたいという企業理念を掲げるバンザンにとって、永住者と海外赴任中家族のお子さんや、海外留学中の学生も、日本にいる学生と同様にカバーすべき対象であるようです。
海外在住者が日本の大学受験対策を検討した場合、意外とその選択肢の少なさに驚いてしまいます。
皆無ではないのですが、成果に直結するような対策の種類には限界があり、バンザンはそうした子供達のために、日本の離島や地方の子供達に提供するのと同じ感覚でオンライン家庭教師事業を提案しているのでしょう。

海外にいる家族の不安の元は情報の少なさ
当たり前の事ですが、日本を離れていれば日本の情報量は少なくなるでしょう。
ネットが普及している現代であっても、やはり情報元から直接得られる一次情報と誰かの発表をまた聞きする二次情報ではその速さと確度に差は生じてしまいます。
それが専門的な情報であればなおさらでしょう。2020年から従来のAO受験に代わって総合選抜型入試が始まりました。
海外にいる学生にとっては「え?どう違うの?」という戸惑いがあるのは当然でしょう。
その不安に対応するために現地の教育支援企業や塾などは情報を集めますが、どうしても既に誰かによってアップされている情報であり、その権威性や信頼性は100%ではないようです。
一方、バンザンの講師陣は一つ一つの大学入試に精通しているそうです。
大学から直接情報を仕入れる事も、質問があれば直接大学に確認する事も可能でしょう。
そうした一次情報を元に、海外にいる子供達であっても何にどう力を入れて勉強すればいいか、その子供のためだけにカスタマイズした指導をできる事がバンザンの講師陣の強みでしょう。

海外在住の子供達こそ望んでいるオンライン家庭教師
地域格差をなくしたいと提供しているバンザンのオンライン家庭教師メガスタは 日本の大学受験情報の少なさに不安な海外在住の保護者と子供達のためには最適解の一つかもしれません。
なぜなら、抱えている悩みを解消してくれる特徴にあふれているように見えるからです。
バンザンのオンライン指導は、各学生の現時点でのレベルや事情に合わせたプランを考えてくれるため、スケジュールとともにどうレベルアップすれば良いかのロードマップを描いてもらえる点こそ、海外在住の学生が最も必要としている事かもしれません。
また日本のカリキュラムと海外のそれとでは重複しない部分も見られます。そうした不安になりやすい科目や単元に集中して取り組めることもバンザンのオンライン指導は可能にするでしょう。
さらに実際にオンライン指導している時間以外に何を自分で勉強すればいいかという勉強計画を一緒に立ててくれる点も、全てに自主的に取り組まざるを得ない海外の学生にとって正に願っているサポートでしょう。

カテゴリー 未分類