メガスタ@家庭教師

家庭教師というとマンツーマンで勉強を教えてくれるイメージですが、現在は離れた場所からオンラインで教えてくれるスタイルが台頭してきているようです。どのような企業が取り組んでいるのでしょうか。

メガスタが自信を持って勧める講師陣の特徴5選

日本の教育格差を無くすためにオンライン家庭教師のメガスタを提供するバンザンは、講師の採用に際して教育のプロであるとともに、塾講師以上のコミュニケーション力があるそうです。そして、対面指導ができる人柄であるかまで基準にしているそうです。
厳選された講師陣の特徴を分かり易く5つに絞ってみましょう。

バンザンの採用情報はコチラ!

1.学歴の高さと経験
バンザンは特にトップレベルのプロ講師陣の選定には採用率3%という厳しい基準を設けているそうです。
自身も難関大学を卒業した経験者で、その後のキャリアにおいても15年から20年以上も教育に携わり、現役の大手予備校講師や書籍を出版したようなプロ講師です。
よって、学生が志望する大学に特化した指導を、学生のためだけにカスタマイズしながら合格までの最適な道筋を一緒に作れるようです。
気に入らなければ入会金と初めの4週間分の費用を返金する制度を採用している事からも、バンザンの講師陣への信頼がよくわかるでしょう。

2.受講側が選択できる講師陣のランク
バンザンの企業理念は地域や収入格差が引き起こす教育の不公平を無くす事にあるそうです。
そのため、高品質の指導は担保をしつつ、講師陣のランク分けによってプロ講師、院生・社会人講師、学生講師の中から受講者が選択できるようになっています。
料金もランクに応じて安くなるため、まずは学生講師からはじめる事も可能です。
もちろん厳選された高学歴の優秀な学生ばかりだからこそ、プロ講師以外でも十分な満足を提供できているようです。

3.相性の良い講師と長期的な人間関係を構築
20,000人在籍している講師から、学生の学力や性格に応じた最適なマッチングを提案しています。
学生からすれば、人として相性の良い一人の講師と目標を達成するまでずっと二人三脚で継続できる事は安心できるでしょう。
バンザンが講師陣の質にも量にも自信を持っているからこそ、万が一相性が合わなければ無料で交代を願う事も可能だそうです。

4.学生の希望に応じた教材選び
子供が勉強で分からなくなる単元はそれぞれに異なるでしょう。それを教える側が決められた教材で無理やり教えようとしても、全員に適用できるとは限りません。
バンザンでは、学校の授業の進捗や本人の苦手部分に合わせて使用する教材も学生にベストなものでフレキシブルに対応が可能なようです。
講師に本当のスキルがなければこうした柔軟性は望めないといえるでしょう。

5.オンラインスタイルの活用
オンラインで家庭教師を提供するスタイルの強みをバンザンの講師陣はよく理解しているそうです。
早朝や遅い時間の授業ニーズや、夏休みの時間増など、学生への熱意が高い講師陣はとてもフレキシブルに対応してくれるそうです。
オンラインなら、保護者は毎回家庭教師をもてなす事に気を遣わずに済みますし、交通費の支払いもなく、両親の不在中に家に上げるリスクからも解放されるでしょう。

メガスタが自信を持って勧める講師陣の特徴5選 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

メガスタのシステムが勉強を嫌いな小学生を救う?

これまでは中学校からの教科であった英語ですら今では小学校の正式教科になるなど、小学生が勉強する量も内容もますます高度になっているようです。
結果、ついていける子供と従来よりも大きく遅れがちになる子供との二極化が進んでいる印象でしょう。
日本の教育における地域格差と収入格差を無くす事を起業理念としているバンザンは、中高生だけでなく小学生にもはじめから力を入れており、リモート学習を慌てて導入し始めている他社とは一線を画しているようです。

小学生に必要な講師の条件
オンライン講師には高学歴に裏打ちされた学力が求められるのは全学年共通で前提だそうです。
しかしバンザンでは、まだ自分で全てを決める力の弱い小学生のための講師には、まず気持ちに寄り添い、勉強が苦手な子の気持ちも分かり、やる気を引き出す事ができるような人間性も採用の条件にしているそうです。
小学生は気持ちにとても敏感です。この大人は信用できないとなったら再び心を開かせる事は難しい事を知っての方針のようです。
そんな小学生に相性がピッタリの高学歴で子供の気持ちの分かる家庭教師が身近に簡単に見つかるでしょうか?
バンザンには学力も人間性も厳選された講師が20,000人在籍しているので、オンラインの特性として離れていてもピッタリの講師を見つける事が可能のようです。

勉強の嫌いな小学生
小学生のうちから勉強が苦手になる子供は、どのような理由からそうなってしまうのでしょうか?
既に小学生へのオンライン授業の実績を持つバンザンは、この点もしっかり考えていると見受けられます。
子供が勉強を嫌いになる最も多い理由は、「勉強が分からないからテストの結果がよくない、だから自信も失うし嫌いになってますますやらない」といわれています。
この点が小学生に特有で、まだ自分なりの勉強のやり方を身につけていなくても致し方ない時期のようです。
バンザンの講師陣はこの原因を重要視しているため、分からない単元を教えるというより、子供に合った勉強のやり方を親身に教える事で本質的な改善を図るそうです。
密な人間関係を構築する一対一のオンライン家庭教師というスタイルだからこそ可能であり、結果を出した子供達は自信をつけ、勉強に前向きになっていく正のスパイラルを作れるのでしょう。

勉強の得意な子供をさらに伸ばす指導も
勉強の苦手な子供がどこにつまずいているかを探して克服させてあげる目的に加え、バンザンでは既に勉強が得意であるからこそ、より高い向上心や目標を持つ子供達の希望にも寄り添っているようです。
中学校の勉強を先取りする事で初めから苦手を作らせない事や、個別に合わせた難関私立中学の受験対策など、勉強ができる子をさらに伸ばす指導は、そもそも一流講師陣を抱えるバンザンの得意とする所ではないでしょうか。

メガスタのシステムが勉強を嫌いな小学生を救う? へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

メガスタ受講に向いているタイプと選ぶ理由とは?

親御さんにとって、お子さんの成績は常に大きな関心事でしょう。
学校の授業だけでは難関大学合格が難しい現状、志望校に特化した対策を施してくれる塾が身近に存在していない地方や海外の子供達はより不利な状況にあると言えます。
この日本の教育格差事情を憂慮し、新しいオンライン家庭教師事業であるメガスタを提供している企業がバンザンです。
バンザンの理念は、地域や収入格差による日本の教育の不公平を無くしていく事であり、そのためのシステムがメガスタなのだそうです。
学年別に見る事で、どのようなタイプの子供がメガスタ受講に向いているかがより明確に分かるでしょう。

高校生
大学進学に不安を抱えている日本中の高校生は、同じ条件で受験を戦えているでしょうか?
東京の難関大学進学のために頑張っている地方の子供は、合格に必要な情報や対策を地元の環境から得られているでしょうか?
そうした子供達に最も安心と自信を与えられるのは、志望大学受験に精通した講師からの指導でありアドバイスでしょう。
バンザンの提供するオンライン家庭教師システムであれば、わざわざ遠方から対策を教える塾に通う必要がなくなるでしょう。
東京の高校生が得られる対策と情報を交通費をかけずに享受できそうです。

中学生
高校受験には、首都圏とは異なり地方の方がより志望校の選定にストイックな面がありませんか?
家族や親戚から地元で一番の進学校や、祖父母や両親と同じ高校などへの入学を期待される側面が強く、中学生には相当のプレッシャーでしょう。
地元の塾に通ってもさらに別な競争にさらされているといえます。そうした事情から、プレッシャーに弱い子供にはバンザンのオンライン家庭教師が向いているようです。
高校受験には内申点も大きく影響するので、学校での定期テストもおろそかにできません。
定期テストで良い点数を毎回のように取りつつ本番の受験でも実力を発揮する事を求められます。
バンザンの講師陣は、それぞれの都道府県の高校入試事情に精通しているだけでなく、定期テスト対策も一緒に考えてくれる点が強みなのでしょう。

小学生
バンザンは中学受験対策コースも提供していますが、最も力を入れているのが勉強が嫌いの子供に学びの喜びを提供する事にあるそうです。
子供が勉強を嫌いになる理由の大半は分からないからつまらないためだそうです。
学校は後ろに戻って教え直してくれません。
補習塾に通っても全く同じレベルの子供はいませんので、少しは分かったけどまだつまらない状態は続くといいます。
バンザンのメガスタ講師は子供一人一人の学習のレベルをしっかり把握し、分からなくなった所から教え直してくれる所が最大の利点でしょう。
押し付けの教材もないので、本当にその子供に必要な教材で教えてくれる点もうまく作用するのでしょう。

メガスタ受講に向いているタイプと選ぶ理由とは? へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

教育の地域格差をなくしたい会社

コロナウイルスの影響により本格的なリモート社会の到来だと騒がれています。
オンライン化の波はオフィスだけに留まらず既に教育現場にも届いているようです。
これからはオンラインになるかどうかの議論ではなく、もはやオンラインが前提の上で、どのような教育コンテンツを画面越しの子供達に効果的に届ける事ができるかという論点に移っていくでしょう。
これからはそうしたオンライン教育を提供する企業はますます増えてくると想定されますが、一つの気になる企業があります。オンライン家庭教師事業によって教育の地域格差をなくしたいと願っているバンザンです。

塾ではなく、家庭教師での教育サービス
バンザンは、それまでの家庭教師派遣事業にオンラインLIVE教育事業を加えて経営の両輪としている企業です。
オンライン教育といっても効率だけを重視したような録画した動画を流すだけの形態とは一線を画しているようです。
それは、あくまでも子供達の生の表情や感情を共有しながら教える家庭教師のスタイルにこだわっているサービスに現れているからでしょう。
日本では東京を中心とした首都圏にどうしても情報や施設が集約しがちです。有名な進学塾なども地方や離島には難しいようです。
バンザンはこうした教育の地域格差をなくしたいと願っている所がユニークな差別化になっており、そのための企業努力を惜しんでいないようです。
採用率3%の厳選されたバンザンの講師陣は、書籍まで出版しているプロも含めて20,000人以上が登録されているそうです。
オンラインだからこそ、離島や海外の子供達にも一流のプロ講師の家庭教師を提供できるという点がバンザンの最大の強みといえるでしょう。

社名の由来にみる企業理念
バンザンの最高経営責任者(CEO)・山田氏が語るように、地域格差や収入格差に起因する社会の分断や教育の不公平を無くしていくために挑み続けるという、バンザンの企業理念はとてもユニークに捉えられています。
この理念は、社名のバンザンの由来が江戸時代の陽明学者である熊沢蕃山に基づいている事からも見受けられます。
庶民の暮らしの向上と領民の幸せを願って日本で初めての庶民学校を開設した彼の思想をリスペクトし、現代教育に応用しようとしている立ち位置を感じさせます。
また、学びの喜びとは、よろずの山々を踏破した喜びに似ていて、その喜びを万人に届けたいという願いから万山をバンザンと読ませているもう一つの由来もあるそうです。
いずれの由来も、はっきりと教育とは地域や所得に関係なく万人に平等であるべきという強い理念が詰まっていると感じられるでしょう。

教育の地域格差をなくしたい会社 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類

海外在住のお子さんが日本の大学を受験したいなら

日本教育の地域格差や収入格差をなくしたいという企業理念を掲げるバンザンにとって、永住者と海外赴任中家族のお子さんや、海外留学中の学生も、日本にいる学生と同様にカバーすべき対象であるようです。
海外在住者が日本の大学受験対策を検討した場合、意外とその選択肢の少なさに驚いてしまいます。
皆無ではないのですが、成果に直結するような対策の種類には限界があり、バンザンはそうした子供達のために、日本の離島や地方の子供達に提供するのと同じ感覚でオンライン家庭教師事業を提案しているのでしょう。

海外にいる家族の不安の元は情報の少なさ
当たり前の事ですが、日本を離れていれば日本の情報量は少なくなるでしょう。
ネットが普及している現代であっても、やはり情報元から直接得られる一次情報と誰かの発表をまた聞きする二次情報ではその速さと確度に差は生じてしまいます。
それが専門的な情報であればなおさらでしょう。2020年から従来のAO受験に代わって総合選抜型入試が始まりました。
海外にいる学生にとっては「え?どう違うの?」という戸惑いがあるのは当然でしょう。
その不安に対応するために現地の教育支援企業や塾などは情報を集めますが、どうしても既に誰かによってアップされている情報であり、その権威性や信頼性は100%ではないようです。
一方、バンザンの講師陣は一つ一つの大学入試に精通しているそうです。
大学から直接情報を仕入れる事も、質問があれば直接大学に確認する事も可能でしょう。
そうした一次情報を元に、海外にいる子供達であっても何にどう力を入れて勉強すればいいか、その子供のためだけにカスタマイズした指導をできる事がバンザンの講師陣の強みでしょう。

海外在住の子供達こそ望んでいるオンライン家庭教師
地域格差をなくしたいと提供しているバンザンのオンライン家庭教師メガスタは 日本の大学受験情報の少なさに不安な海外在住の保護者と子供達のためには最適解の一つかもしれません。
なぜなら、抱えている悩みを解消してくれる特徴にあふれているように見えるからです。
バンザンのオンライン指導は、各学生の現時点でのレベルや事情に合わせたプランを考えてくれるため、スケジュールとともにどうレベルアップすれば良いかのロードマップを描いてもらえる点こそ、海外在住の学生が最も必要としている事かもしれません。
また日本のカリキュラムと海外のそれとでは重複しない部分も見られます。そうした不安になりやすい科目や単元に集中して取り組めることもバンザンのオンライン指導は可能にするでしょう。
さらに実際にオンライン指導している時間以外に何を自分で勉強すればいいかという勉強計画を一緒に立ててくれる点も、全てに自主的に取り組まざるを得ない海外の学生にとって正に願っているサポートでしょう。

海外在住のお子さんが日本の大学を受験したいなら へのコメントはまだありません
カテゴリー: 未分類